«

»

6月 22

SAPPHIRE の Radeon HD7750 を買ってみた。

MediaEspresso でハードウェアエンコードに Intel の HD3000 で QSV を使って動画変換をやってみるもカスタム設定だと結構な割合で変換中に処理が止まってしまう現象が出てて結局ソフトエンコでやってたのだけど、Radeon HD7750 ってのが省電力でソレなりに使えるってレビューを多々見かける様になってきたので買ってみた。
*ちなみに3D描画については興味ないのですw
 
ハードウェアエンコードするには NVIDIA の方が対応アプリが多いらしいのだけど、大昔RIVA128のスバラシイ低画質に感動して以来使う気にならんので候補にすら入らず。
NVIDIA を除くとハードウェアエンコード出来るのは ATI しか残らん訳で、省電力だからと言うより使ってる電源の事情的に HD7750 が無難かなってだけの選択なんだけどね(^_^;
 
んで、HD7750のチップを使ったVGAは多々有る訳なんだけど、正直浦島太郎状態で何処のメーカーが良いのかサッパリ分からんので価格コムで1位だったSAPPHIRE の Radeon HD7750 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP SAHD775-1GD5R0にした次第。
 
てか最近のグラボって2バス分のスペースとるのばっかなんね。
発熱が多くなってFANが必要なので仕方ないんだろうけど、お陰様でPCIex1のバスが使えなく為っちゃった。
そういや、ここ数年はMac使ってたのでグラフィックボードを別途買うなんて事は無かったし、Winメインで使ってた時のグラボは Matrox の Millennium シリーズばっか使ってたのでAMDどころかATIチップのグラボを自分で買うのは始めてかもw

コメントを残す