ブロンプトン用のテールライトに TL-LD570-R を付けてみたー。そのいち

2013年モデルのブロンプトンには自発光テールライトは付属しなくなり単なるリフレクターになっちゃってます。
夜間走る時は目立ってナンボの安全性なので自発光ライトは必須。
でも道路交通法でリフレクターも必須。
って事で何にしよう?と悩む前に何処に付けれるか検証すべく純正のリフレクターを外す。

TL-LD570-R-3
CATEYEのリフレクターですね。

これを外すと・・・

TL-LD570-R-4

2本のステーが付いてますねぇ。

んで外したリフレクターをひっくり返してみると・・・

TL-LD570-R-6
穴が沢山開いてる。
と言う事はブロンプトン専用品では無く、汎用品って事。

ならばキャットアイのテールライトに似たようなブラケット使えるのあるんじゃね?
っと事で探してみたら・・・有った(^^)v


この穴の開き具合は一緒でしょー。サイズ書いてないから違うかもしれんけど。

てな感じでブラケットは見つかった。
後はテールライト本体。
前から欲しかったTL-LD650 RAPID5を買ってコレをキャリアに付け、小さいリフレクターをどっかに付けようかと思ったけど、付けた状態を想像してみたら不格好だったので保留(^_^;

見た目も気にするとTL-LD570R1択になっちゃうんだよねぇ。

このテールライトはリフレクター内蔵でサイズも大きく輝度も高いらしく申し分ないんだけど「オートライト」ってのが好きじゃ無くm451に付けるの見送った製品なんだよね。
フロントなら点いてるか点いてないか分かるけど、リアだとセンサー不良とかで点いて無くても気付かないから・・・

とは言え他に選択肢が無いなら仕方ない。試して見るか!
って事でポチリました。

TL-LD570-R-1

これを取り付けると・・・
って内容は前置きが長くなったので次で。

最後に点灯パターンの動画を載せて終わりにしますか。
点灯→ラピッド→ロングライフ→パルス→点滅で10秒毎に変更。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください