«

»

2月 11

自動車保険

去年末親父が轢かれた後、加害者の保険屋が「今回担当する事になったxxです」と来たわけですが
「商売あがったりだ、どう保障してくれるん?」
ってこっちが言ったら、「こちらの弁護士に相談します・・・」と言い残して以後音沙汰なし。

それから2週間ほど経った位に弁護事務所?から1通の手紙が届き、今後は当方(弁護士)が対処するので連絡等は全てこちらにしてくれと。

・・・は?
損保ジャパンの担当は何処行った?
そもそもこの弁護士の雇い主は加害者?損保ジャパン?どっち?

良くわからんので此方の取引先の弁護士に探ってもらったら、保険屋が雇ったとの事。
・・・委任するのは構わんが、その旨連絡しろよ。

こっちの弁護士も損保ジャパンの対応と相手先の弁護士から来た手紙の内容の酷さにご立腹。
って事で、こちらも後の事は弁護士に任せる事に。

損保ジャパンを含む多数の損保会社が保険料未払いで不祥事を起こした後、経営方を変えたそうなんだが、保険屋の示談内容に相手が納得しない場合とかには、即弁護士に委任するようにしたんだそうな。

不祥事関連の「本当の」発生原因を知らないのでなぜこうなったのか分からんが、再発防止のためとかと言うより、何かあったとき責任逃れするための対処に思えるのはオイラの邪推か?

取り合えず任意保険等の「弁護士費用特約」の類は付帯しといた方が何かと良さそう。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.